最近行われた調査で、60歳以上の6人に1人という割合で、糖尿病で悩んでいる人がいることがわかりました。 また、糖尿病には合併症というものがあり、この症状は年齢を重ねる毎に増えているようです。

スポンサードリンク

高齢者に多い糖尿病の治療

それでは、糖尿病の特徴はどのようなものなのでしょうか?

・年齢を重ねていくとインスリンの効果が低下する為、血糖値が高くなってしまう。
・血糖値の割りに尿糖が腎機能低下の為に低くなり、薬剤が蓄積されやすくなる。
・動脈硬化になりやすくなる。
・糖尿病の自覚症状があっても、年をとったからだといって見過ごしがちになる。
・治療への意欲がなくなる。
・今までの生活習慣を変えることが難しい。

このことからも分かるように、自覚症状というのは糖尿病の場合出にくいため、気づくのが遅れる事があるようです。
ですから、血液検査をしたからと安心しないで、動脈硬化や眼底検査といった定期的な検査を行いましょう。

食事療法が難しいという人は、食習慣を変えることが出来なかったり、食べ物を噛む歯にも問題があるようです。
また、運動療法でも、膝などの関節や心肺機能にも問題がある場合が多いようです。
薬物療法では、薬が蓄積されやすかったり、薬の量が増えてしまったりという事も問題となっています。

糖尿病になった場合の治療というのは、年齢に関係なく血糖値のコントロールが大切です。
コントロールを維持する事で、合併症になりにくく糖尿病が悪化する事もないでしょう。

糖尿病になってしまっても、高齢だからといって仕方ないと思わずに、血糖値のコントロールの維持などに気をつけて、楽しい毎日を送りましょう。

スポンサードリンク

▲このページのトップへ

携帯版のQRコード

糖尿病症状と糖尿病食レシピ:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://tounyo.153m.com/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。