糖尿病性腎症の検査と治療とは

腎臓の機能とは、体内の老廃物をろ過して尿として排泄するというものです。
また、左右の腎臓の中には、糸球体という細小血管塊が100万個ずつ集まっています。

スポンサードリンク

この糸球体が血液から運ばれた体内の老廃物をろ過してくれるのです。
細小血管が狭くなり、老廃物をろ過しきれない事によって起きる症状を、糖尿病性腎症といいます。

しかも、高血糖や肥満、高たんぱくや高食塩、ストレスといった、悪い因子が加わる事で進行も早くなるようです。

この腎症を早期発見する為には、「微量アルブミン検査」が有効です。
この検査は、尿から微量のタンパク(アルブミン)を検出する方法です。
糖尿病の人の場合は、年に1回予防対策として、微量アルブミン検査を行うようにしてください。

腎症には段階が5つあります。

症状と治療のポイントについてご説明しましょう。

《正常期》臨床的症状はありませんので、治療ではなく予防を行います。

《微量アルブミン尿期》微量アルブミン尿検査結果が陽性の場合で、進行を抑制する治療を行います。
血圧の上昇が見られる状態なので、血糖コントロールと血液の管理が主となっています。

《顕性腎症期》タンパク尿が陽性の場合で、むくみなどの症状がでてくるので、血糖と血圧管理や腎症の治療を行い進行を抑える治療を行います。

《腎不全期》貧血や尿毒症といった腎症の症状が出てくるので、治療や管理以外にも水分制限やインスリン療法を行い、症状を抑える治療を行います。

《透析期》透析治療を開始します。

血液透析が全体の90%となっており、腹膜透析というものもあります。
血液透析の場合、週に3通院して4〜5時間かけて行われます。

腎不全が末期の場合は、腎移植も行われるケースもありますが、日本では糖尿病性腎性の腎移植は殆ど行われていません。

腎臓障害を予防する為にも、血糖コントロールを維持し、定期健診を必ず受けて腎臓により生活を送る事が大切です。

スポンサードリンク

この記事のタグ

サイト内関連記事

糖尿病の改善と健康維持の心がけ
中高年への調査を厚生労働省が行い発表したデータによると、全体的に健康維持に積極的......
ストレスとうつによる糖尿病の治療
社会構造の急激な変化が日本では、現在続いています。 昨日と今日での生活の変化も急......
妊娠・出産の際の糖尿病の合併症
糖尿病という病気は、安静にしていたり特別な療養が必要な病気ではないのです。 結婚......
シックデイの糖尿病の対処方法
糖尿病になった人は、注意しなければいけない事があります。 それは、普通の人なら簡......
糖尿病血糖値と骨粗しょう症の関係
糖尿病の人の場合、そうでない人に比べて骨折する頻度というのは、倍以上にもなると言......
糖尿病で免疫反応低下による感染症
糖尿病の人は、感染症にかかった場合、悪化する恐れがあるので、注意しなければいけま......
糖尿病に多い脳梗塞と心筋梗塞
突然襲いかかり命まで奪われる事がある病気に、脳梗塞や心筋梗塞があります。 これら......
糖尿病から痛風や合併症にならない
痛風を持っている人は、国内で約30〜50万人いるといわれており、痛風予備郡は約5......
糖尿病と高血圧による合併症
国内には3,000〜4,000万人もの高血圧の患者がいます。 また、糖尿病や予備......
糖尿病による網膜症の症状と治療
糖尿病になって血糖値のコントロールを行わないでいると、糖尿病網膜症という症状が8......
糖尿病合併症神経障害の症状と治療
腎症と網膜症と神経障害というのは、糖尿病の三大合併症です。 中でも神経障害という......
糖尿病で低血糖の対処方法
インスリンを薬や注射で補っても、必要な量に満たなかった場合には低血糖は起きてしま......
糖尿病の治療に血糖値測定器を活用
血糖値をコントロールする事が、糖尿病の治療の基本です。 しかし、この血糖の動きと......
経口剤による糖尿病の治療と副作用
インスリン療法と経口剤療法が、糖尿病の薬物療法として行われます。 経口剤療法が主......
インスリン療法による糖尿病治療法
糖尿病のタイプや症状によって、インスリン療法の内容が異なってきます。 インスリン......
糖尿病の治療にウォーキング
運動療法というと、今すぐにでも本格的にスポーツを始めなくてはいけないのでは?と思......
運動療法による糖尿病の治療
糖尿病治療の有効手段として、食事療法と薬物療法、運動療法があります。 血糖コント......

▲このページのトップへ