糖尿病血糖値と骨粗しょう症の関係




糖尿病の人の場合、そうでない人に比べて骨折する頻度というのは、倍以上にもなると言われています。
インスリン不足等が骨折しやすい原因となっているようです。

骨の細胞には、骨芽細胞と骨細胞と破骨細胞の3つの細胞があります。

《骨芽細胞》
この細胞は、骨を新しく作るために必要な細胞です。

《骨細胞》
骨そのものを維持するために必要な細胞です。

《破骨細胞》
骨を破壊してしまう細胞です。

人間の骨とは、古くなってしまうと、破骨細胞によって破壊されて、血液中に骨の中のカルシウムやコラーゲンを溶かしていきます。
そして、骨芽細胞が新たな骨を作るために集まり、コラーゲンを分泌して骨塩(カルシウムが主成分)が沈着して、新たな骨が作られるのです。
出来上がった骨は、骨細胞によって強度が保たれるのです。

骨が出来るまでの流れを、骨代謝回転といいます。

身体の内部を守るために、骨は姿勢を維持するのですが、カルシウムを蓄える役目もとても大きいのです。
骨には、体内のカルシウム99%があり、残りの1%は血液や筋肉にあります。
また、全身の細胞を正常に働かせるには、とても大切なカルシウムなのですが、一定量が血液中に保たれていなければいけません。

続きを読む

(C) 2009 糖尿病症状と糖尿病食レシピ