糖尿病から痛風や合併症にならない




痛風を持っている人は、国内で約30〜50万人いるといわれており、痛風予備郡は約500万人いると言われています。

尿酸値という血液中の尿酸の濃度が高い状態で続く事を痛風といいます。

痛風予備郡の場合は、特に自覚症状がないのですが、放置しておくと痛風は勿論ですが、合併症なども発症してしまいます。

どのような合併症があるのかとうと、腎臓障害や尿路結石、動脈硬化となっています。
これらの合併症で糖尿病と関係が深いのは、動脈硬化です。

痛風予備郡の人は遺伝的な体質もあるのですが、過食やアルコール、運動不足や肥満、ストレスといった生活習慣も大きく関係しているのです。
糖尿病を引き起こす原因にもなる生活習慣ですね。
尿酸値が高くなると、糖尿病にもなりやすくなるのです。
ですから、糖尿病の予防や治療にも、高尿酸血症の治療を行うということは繋がってくるのです。

肥満という事が、糖尿病や高尿酸血症の人に共通している事なので、減量から治療を始めましょう。
消費活動量にあわせたカロリーを考えた、バランスのいい栄養をとるように心がけましょう。

続きを読む

(C) 2009 糖尿病症状と糖尿病食レシピ