糖尿病と高血圧による合併症




国内には3,000〜4,000万人もの高血圧の患者がいます。
また、糖尿病や予備郡を含めると2200万人にまでなる為、国民的病気ともいえます。
高血圧の人の中には、糖尿病の患者が4〜6割占めています。

日本での一番多い死因として、脳卒中や心筋梗塞などがありますが、発症するケースとして糖尿病や高血圧の影響から動脈硬化が進行する場合が多いようです。
軽い高血圧であっても糖尿病の人の場合、積極的に治療を行わなければ大変な事になってしまいます。

血圧というのは、血管の内側に血液が流れる時にかかる圧力の事をいいます。
この血圧が上がるのには、2つの理由があります。

《血管が硬くなってしまい広がらなくなる》
《血液の量が多くなる》

高血圧と診断される基準はどのくらいなのでしょうか?

・最高血圧(心臓が収縮したときの血圧)・・・140mmHg以上
・最低活圧(心臓が拡張したときの血圧)・・・90mmHg以上

以上のような場合です。

続きを読む

(C) 2009 糖尿病症状と糖尿病食レシピ