糖尿病による網膜症の症状と治療




糖尿病になって血糖値のコントロールを行わないでいると、糖尿病網膜症という症状が8〜10年かけてゆっくり発症してきます。

精密眼底検査を定期的に行わないと、初期状態では自覚症状があまりないので気づかないことが多いようです。
早期発見の場合、成功率が高いので完治する事ができます。
他にも白内障や血管新生緑内障などが起きる事があるようです。

網膜症というはどのような症状かというと、網膜というカメラのフィルムのような役割をする部分が損傷して起きます。
脳に光や色を感じて伝達するという役割が網膜にはあります。
その為、網膜には細かい血管が無数に広がっている為、糖尿病の場合血管が詰まってしまったり血管壁に負担をかけてしまうのです。

そうなってしまうと、酸素や栄養が網膜に送られなくなり、眼底出血や硝子体出血といった網膜症を引き起こしてしまうのです。
この網膜症の進行は3段階に分けられます。

《単純網膜症》
《前増殖網膜症》
《増殖網膜症》

続きを読む

(C) 2009 糖尿病症状と糖尿病食レシピ