インスリン療法による糖尿病治療法




糖尿病のタイプや症状によって、インスリン療法の内容が異なってきます。

インスリンの分泌はすい臓から行われており、基礎分泌と追加分泌があります。
基礎分泌とは、24時間に一定量が出るものです。
追加分泌とは、血糖値上昇のタイミングによって出るものです。

2型糖尿病の場合は、インスリンの分泌力は問題はないのですが、分泌される量が不足していたり、分泌されるタイミングが悪いために高血糖になるのです。
分泌力には問題はないのですから、2型糖尿病の治療方法としては、その分泌力を活用すれば血糖コントロールを維持する事ができるのです。
そして、超速攻型や速攻型で追加分泌を補う事で、血糖値を改善する事ができます。

1型糖尿病の場合は、インスリン注射によって補わなくてはいけません。

インスリン製剤には4種類あります。

続きを読む

(C) 2009 糖尿病症状と糖尿病食レシピ