糖尿病の治療にウォーキング




運動療法というと、今すぐにでも本格的にスポーツを始めなくてはいけないのでは?と思っていませんか?

実は、何気に行っている日常の動きを増やすだけでも、運動を行っている事になるのです。
例えば、庭いじりをしてみたり、普段行っているウォーキングを少し長めにしてみたりという風に、通常よりも軽く増やす事でもエネルギー消費量は増えているのです。

でも、本格的な運動でないとエネルギーは本当に消費されるのかなと思うものです。
意外と日常生活でできる事も、スポーツに充分匹敵しているのです。

例えば・・・
「ウォーキング20分とバレーボール20分」
「自転車15分と速歩15分と15分子供と遊ぶ」
「エアロビクス10分と階段の上り下り10分」

といった風に、自分では思っていないほどエネルギーを消費しているのです。

しかも、日常生活の場合ほぼ毎日の事なので、時間的に見た場合かなりの時間になるので運動量も充分でしょう。

続きを読む

(C) 2009 糖尿病症状と糖尿病食レシピ