外食でも楽しめる糖尿病の食事療法




バランスの取れた栄養分を、その人に合ったエネルギー量を摂取する事を食事療法と言います。

食品交換表などを利用して、エネルギー量をチェックする必要があります。
しかし、外食をよく食べる人は、どのくらいのエネルギー量を摂取しているのかという事を知るのは難しい事です。

自分で作った場合は、どのくらいの量を使ったのか?という事や、食材の目安量などもわかってくるはずです。
慣れてくれば、外食を食べた場合に出された料理を見ただけで、どのくらいの量が使われていて何カロリーなのか?という事が分かるようになるでしょう。
そして、自分が外食で食べた栄養を表に合わせて分けてみましょう。

続きを読む

(C) 2009 糖尿病症状と糖尿病食レシピ