食品交換表を活用し糖尿病食事療法




食事療法が糖尿病にとって、どうして必要なのかと言うと、インスリン不足や欠乏が原因だからです。

インスリンが不足してしまう事で、エネルギーとしてブドウ糖などの栄養が利用できないので、細胞自体が栄養不足になってしまうのです。
結果、ブドウ糖ばかりが増加してしまい、血液中にあふれて高血糖となります。

この状態を放置しておくと、合併症を引き起こしてしまうのです。
こうなってしまっては、大変な事になってしまいます。

その為に、食事療法が大事になってくるのです。

栄養のバランスを考えた食事のとり方を考えて、消費するエネルギーの量にあった食事を行うのが、食事療法といいます。
薬ではなく食事療法と聞くと、効果があるのか?と思われがちですが、一番効果がある基本的な治療方法なのです。

続きを読む

(C) 2009 糖尿病症状と糖尿病食レシピ