糖尿病のダイエットによる治療方法




軽度の糖尿病や肥満糖尿病予備群の場合の予防と治療法として、体重減少から始めましょう。

体重を減らす事で、正常な血糖値を取り戻そうとしてインスリンの動きを回復させることができるのです。
インスリンの感受性や血糖コントロールが、特に日本人の場合体重を5キロ減少しただけで、すごい勢いで改善していくのです。

体重減量方法として、食事と運動を組み合わせた療法が無理なく行えて、効果的でもあります。
つまり、摂取するエネルギーを食事療法で減らして、代謝改善するために運動療法を行い、体重を減らす事が出来れば、体質改善され体重減少後も太りにくくなるでしょう。

ここで、体重を減少したのに効果を得る事ができなかったり、減量が行えなかった場合には、薬物療法を一緒に行っていきます。
このような肥満糖尿病の場合は、薬を補助的に使用したとしても、減量で改善される事が多いでしょう。

減量する際には、無理な方法を行わずに、最初短期間で多めに減量した後にゆっくり長期に渡って減量する「2段階方式」がよいでしょう。

具体的には、最初の2〜3ヶ月の間で減量目標体重を3〜5kgとしましょう。
《標準体重×20キロカロリー=1日の摂取カロリー》この方式を頭に入れましょう。

続きを読む

(C) 2009 糖尿病症状と糖尿病食レシピ