糖尿病による合併症の現状




糖尿病と戦っている人は、実際にはどのくらいいるのでしょうか?

厚生労働省が2007年に調査した結果では、日本国内には約890万人の患者さんがいるようです。
また、約1320万人の糖尿病予備群を合わせると、約2210万人にもなるとされています。

10年前と比べると、人数が約1.3倍まで増えており、この増加のスピードの速さに危機感を厚生労働省も表明しています。

でも、実際に糖尿病の治療を行っている人は、なんと50%にもみたないのです。
何故でしょう。

それは、糖尿病というのは、初期症状としての自覚症状がない為だからです。
又、血糖値が高いとか治療を行わなくてはいけないという診断をされても、実際に治療を受けない人もいるようです。

続きを読む

(C) 2009 糖尿病症状と糖尿病食レシピ