生活習慣等が原因 糖尿病の種類




糖尿病には、色々な種類があります。

《1型糖尿病》《2型糖尿病》《遺伝子異常》《続発性糖尿病》《妊娠糖尿病》

それぞれどのような事が原因で起こるのでしょうか?

《1型糖尿病》
β細胞というすい臓のインスリンが作る細胞が壊れる事で、インスリン不足になってしまい起きるのです。
この種類は、子供に多いタイプで、小児糖尿病やインスリン依存型糖尿病と言われています。

《2型糖尿病》
生活習慣が原因となって起きるものです。
日本での糖尿病のなかで、95%以上がこの種類となっています。
また、インスリンの量が少なくなる事や、インスリンの働きが低下してブドウ糖を細胞が吸収出来ない事も原因となっています。

《遺伝子異常》
種類があり、糖尿病の遺伝子を優性遺伝するもの(6種類)と、ミトコンドリア遺伝子異常とインスリン受容体異常性があります。

続きを読む

(C) 2009 糖尿病症状と糖尿病食レシピ