糖尿病に家族がなったら、患者さんだけでなく、支える側の家族も、病気にどう向き合っていけばいいのか、分からないものでしょう。
糖尿病を治すために、毎日の食事はなにに注意すればいいのか、他にも何を気を付けたらいいのか、知りたいところです。

スポンサードリンク

糖尿病の家族にできるサポート方法

家族は、糖尿病のご本人と一緒に病院へ行って、医師に糖尿病について話を聞いてくることで、理解が深まります。

糖尿病治療の疑問点は、その場でプロに晴らしてもらえますし、複数で聞くことで、説明の聞き間違えを防げます。

医師にとっても、糖尿病患者さん1人に説明をするよりは、家族が食事などの注意点を患者さんのまた聞きするよりも、間違えがないので的確に指導にあたれます。

糖尿病教室に、家族も共に参加するのもお勧めです。

食事を作るのが患者さん本人でなかったり、低血糖の症状がでたときは、近くにいる家族が支えられるよう、対処法を教わることは大切なことです。

糖尿病患者の方と、毎日同じ食事をしているご家族は、糖尿病になる食事をしている可能性も考えられますので、これを機に、糖尿病の食事を勉強することで、食生活の見直しをして、ご自身の健康に役立てられるはずです。

2型糖尿病は、特に家族も可能性があります。

糖尿病は、ストレスも大いに原因となります。

糖尿病の家族が、遠方で暮らすケースでは、ヘルパー派遣や訪問ボランティア、地域の民生委員の方など、万が一に飛んで行けない自分の変わりとなってくれる人を、知っておくことも大切です。

スポンサードリンク

▲このページのトップへ

携帯版のQRコード

糖尿病の症状と食事レシピ:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://tounyo.153m.com/recipe/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。